エレメントの話

あけましておめでとうございます。
 


 

お正月は福島の和子ちゃん(祖母)のお家で過ごしました。
おばあちゃん子を発揮して1週間以上いて、すっかり田舎の小学生のような生活でした。
 

12月は毎週新幹線に乗っていたし飛行機にも乗ったなあ。
軽井沢、名古屋、伊勢、福島、神戸。
移動大好き人間。
 

移動が好き。
場所を変えるのが好き。
新鮮さを味わうのが好き。
 

物腰や態度は落ち着いて見えるみたいだけど
(”年の割に落ち着いてるね”といつも大人たちに言われてきた)
生活スタイルは全然落ち着きがないかも…
 

でもそれもわたしの「エレメント」が“風”だからだと知って
納得して受け入れています。
 

エレメントというのは
「この世の物質はそれぞれ火・土・風・水の性質を持つ」
という古代ギリシャ哲学に基づいた考え方で、
人間は生まれた星座によって4つのエレメントのどれかが性質として濃く出るらしいのです。
 

火(物事が着火して始まる)

→土(土台ができて安定する)

→風(それが広まる)

→水(着地して落ち着く)

という流れと、それぞれの段階を担う役割が
この世の物質にはあって、人間もその例外ではないのですね。
 

人間を含め全ての生けるものは宇宙の一部。
だから自分の持って生まれた性質が、
星座(つまり、自分がこの世に生を受けたタイミング)による、
というのは分かる気がします。

詳しくはこの記事がわかりやすいです
 

ふたご座のわたしのエレメントは風。
 

若々しくて好奇心旺盛。
新しいこと・楽しいことが好き。
楽観的でポジティブ。
食欲が旺盛。
あちこち興味のおもむくままに動く自由人。
飽きたらすぐ去るので無責任と思われがち。
揺らぎやすい。
影響されやすい。
物事に執着しない。
感情がころころ変わる。
すぐ怒ってすぐ忘れる。
面倒なことは嫌い。
革新的。
斬新なアイデアと知性。
風→「流行」「流布」→発信・PRのような仕事が向いている。
etc…
 

無責任な自由人、まさにわたしそのもの。
でもそれをあれこれ言ってもしょうがないのです笑
 

健康面でいうと
風の人は環境の変化を受けて揺らぎやすいので
自律神経が乱れやすいのだとか。
 

都会にずっといたり、ピリピリした環境にいると
すぐ呼吸が浅くなったりイライラしやすくなるのも、
感情がゆらゆらするのも
わたしがそういう体質だからなんだ〜と思ったら自分を責めなくなりますね。
 

それからは自律神経を整えること、
副交感神経が優位になるようなお家の環境づくりを
心がけているのでとても健康だし安定しています◎
 

自分や他人のエレメントを知っていると
「どうしてわたしはいつもこうなんだろう…」とか
「あの人はなんであんな風なわけ?怒」とか
思うことが減りそうです。
 

だってそれが自分や相手の性質なんだから
あれこれ言っても仕方ないよね〜って。

良い・悪いじゃない。
知って、受け入れて、
うまく付き合う(自分とも相手とも)。
そんなところまでいけたら生きやすくなりそうです。
 

それにしても、東北の冬をなめていました。
福島、東京から1時間半なのに別世界かと思うほど寒かった…
 


 

到着した日は最高気温が-0.5℃。(どこが「最高」なんでしょう)
 

今までは旅先で「わあ〜綺麗!」なんてワクワク眺めていた雪も、
それがもたらす寒さが高齢の和子ちゃんの体をどんなにか苦しめるものと知って、
そして体が思い通りに動かないということは温厚な人を短気に変えてしまうほどの辛さであると知って、
単純に綺麗と思えなかったです。
 

東京へ戻る新幹線の窓の外が
吹雪からいつの間にか雪のない山と田んぼの風景に変わったのを見た瞬間、
ものすごく解放された気分になった…!
 

たった1週間でも、
雪に閉ざされた場所にいるって何か息がつまるところがあるのです。
 

生まれて初めて、
和子ちゃんの家にいながら
東京が恋しくなりました。

Follow me!

コメントを残す